エアークロゼットを使ってみた(まとめ)

服のレンタルサービスである「AirCloset」を一ヶ月間お試しで利用してみました。その感想とか思いついたことなどをまとめたいと思います。

なぜ、このサービスを利用したいと思ったのか

そもそもなぜ服のレンタルサービスを試したのか。それは、現代がモノを売る時代からコトを売る時代にシフトしてるんじゃないかなと感じたからです。

とはいえ、その兆候はずっとずっと昔からあったわけなんですが、それが特に最近顕在化してきているような気がするのです。
もっとわかりやすく言うと「モノよりコトを売った方が売れるし儲かる」という時代にハッキリと変わったと思っています。

つまるところ、「AirCloset」のお試しは、「コト売りの手法を研究しよう」という理由からだったわけです。
直接的には、洋品店経営のYさんやTさん、それに和服などを商っているHさんなどのお役に立てれば(または参考になれば)という思いがありました。

そんなわけで「コト売り」の観点からみる前に、まず基本的なレンタル服サービスのことについてご紹介したりしつつ。いきます。

レンタル服サービスについて

■エアクロ以外にも同様のサービスがある

今回、わたしがお試ししたレンタル服サービスは「air-closet」ですが、他にも同様のサービスがあります。

airCloset(エアークローゼット)
https://www.air-closet.com/

SUSTINA(サスティナ)
http://sustina.co/

EDIST CLOSET
https://closet.edist.jp/

メチャカリ
https://mechakari.com/

「SUSTINA(サスティナ)」は、自分でアイテムを選ぶタイプですね。15点借りて月額3,900円とか、交換の勝手がいいサービス。このサービスがどうやら服レンタルの草分けらしいです。
「EDIST CLOSET」という方は、「AirCloset」よりも、コーディネイト力をアピールしている感じ。1シーズン3か月で丸ごとコーディネイトみたいな雰囲気です。
「メチャカリ」はスマートフォンのアプリです。月額:5,800円(税別)で手元における点数は最大3点まで。出荷完了から60日間かり続けたアイテムはもらうこともできる。
「AirCloset」は、最近メディアの露出が多いので、広告費にお金かけてるのかな(笑)。月額9800円は他サービスに比べるとちょっとお高めのようです。

■宅配便でやりとり、クリーニングなし、交換自由

「AirCloset」は、月額利用料(固定)を払って、服が借り放題になるシステムです。簡単に言うと。

img_4198

こんな感じですね。
分かりやすい。これ重要(笑)。

ポイントは、

・スタイリストが服を選んでくれる。
・コーディネイトになっているので、その2点なり3点で完成するようになっている。
・好きなだけ楽しめる
・飽きたら返却。とどいた時の箱に入れ直して着払い伝票でコンビニへ。
・宅配便の代金は月額利用料に入っている。
・スタイリストに感想ついでに要求を送ることができる。

というところでしょうか。

(続く)

コト売りの観点(何が“お金を払ってもいいコト”なのか)

ダメ出しから探るリアル店舗で出来ること

WEBサイトをリニューアルします

「まるまる総合研究所」と「小さなお店の底ヂカラ」のWEBサイトをリニューアルしております。

タイトルのとおり、まちの話題、面白いこと、気になったことなどのコラムサイトとしていく予定です。

現在、準備中です。

しばらくお待ちください